即日融資に最適なカードローンを紹介します!

信頼されないような行為は厳禁

消費者金融は審査が甘いと言われていますが、色々と注意しておかなければ審査に落とされる可能性があります。審査に落とされると不信感を相手に与えることとなり、場合によっては次からの申込みを拒否されることがあります。とにかく信頼されるような申込みをしていくことが大切であり、それが出来ないような行為だけはしないでください。

まず絶対にしてはいけないことは虚偽の記載をすることです。虚偽の記載というのは信用を失う行為であり、ほぼ間違いなく審査に落とされます。明らかに年収を上乗せして高い利用限度額を狙ったり、働いていないのに仕事をしているように見せかけるのは絶対に止めてください。他にも借金を隠していると言ったことも駄目です。こうした情報は信用情報機関や在籍確認、収入証明の提出によってばれてしまうのでやってはいけないのです。

次に短期間に何度も申込みをすることは止めてください。審査に落ちたからもう1回挑戦するということはよくありません。何度も申込みを繰り返していると消費者金融側でブラック扱いとなってしまい、その会社からお金を借りることはできなくなります。またこれを他の会社でも繰り返すと全てのキャッシングが利用できなくなります。これも信用情報機関に情報が行ってしまい、他の会社もその情報を知ってしまうので利用できなくなるのです。

これに似たようなことですが、色んな会社に申込みをするのもよくありません。1度に複数件の会社に申込みを行い、審査に通過した会社から選べばいいという考えは捨ててください。そのような考えというのは通用しない世界であり、申込みをしている情報が他の会社にも知られてブラック扱いになってしまうことがあります。こうなると審査に落とされてしまうので、申込みをする会社は1社に絞り、落ちた場合は2カ月以上間を開けることを考えてください。

もう1つ注意しなければならないのが借金をしている状態で申し込みをすると落ちやすいことです。借金というのは返済できるかどうかの判断を厳しくする物であって、基本的に消費者金融にとっていい情報ではありません。総量規制の影響もあるために借金によって審査落ちということはかなり多くなります。申込みをする場合は他社からの借入は全て完済するようにしてください。ローンやクレジットカードであれば別に構いません。

子の注意点を守ればほぼ審査を通過することができます。ただ後からばれてしまった場合もいきなり利用不可能となることがあるので注意してください。基本的に嘘をつくと駄目だということです。


当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。