即日融資に最適なカードローンを紹介します!

消費者金融の金利の仕組み

消費者金融で借りる時には一番気にしなければいけないのは金利ですね。消費者金融のホームページを見ると、金利が○○%~○○%のような表示がされています。左側が最小限、右側が最大限の数字になっています。

例えば5%~17%と言う表示がされていたら、それは下限金利が5%で上限金利が17%であり、利用者によってその幅の中で金利が決まると言う事を意味しています。この場合ならば利用者によっては金利5%で借りる事も出来れば、金利17%で借りる人もいると言う事なのです。それならば、5%で借りられるところで借りればいいじゃないかと思うかもしれませんが、そうはいかないのが消費者金融です。

まず、消費者金融と利用者は信頼関係の上で貸し借りをしています。担保がある借金の場合にはもしも返済ができない時は担保をもらう事によって返済の代わりにする事ができますが、消費者金融でキャッシングやカードローンをする場合には担保がありません。その代わりとなるのが信頼です。ですから消費者金融で借りると言うのは信頼がなければ借りる事ができないのです。

そこで出てくるのがこの金利の幅です。信頼がある人には少しでも少ない金利、つまり下限金利に近い数字で貸し、信頼がない人には大きな金利、上限金利に近い数字で貸す仕組みになっています。

ですから、一般の人が最初にお金を借りる時には、まず上限金利で借りる事になります。それはまだ貸し借りの信頼関係が築きあがっていないからです。借入と返済を繰り返した利用したり、長年利用したりとする事によって、この利用者はしっかりと返済ができると認められ信頼関係が出来上がると金利は上限金利から下限金利の方に向かい少ない金利で利用することができるようになります。ですから借り始めは上限金利で借りる事になると頭に入れておきましょう。

また、借入する金額によっても金利は変わってきます。だいたい50万円くらいならば上限金利で借りる事になり、100万円、200万円となると金利が若干少なくなります。とは言ってもここも信頼関係が大事で、最初から100万円200万円と借りるのは難しく、ほとんどの場合は50万円程度で設定されるので、最初から金利を低く借りるのは難しいのです。

このことから、消費者金融で借りる場合には、まず最初は上限金利で借りる事になります。その後利用が長期間になり信頼関係が出来、そして利用額も大きくなると金利が引き下がる仕組みです。その場合には、消費者金融側から引き下げを言ってくれる場合もありますし、利用者側から申し出る事によって引き下げてもらえる場合もあります。


当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。