即日融資に最適なカードローンを紹介します!

総量規制によって変わったキャッシングとの関係

総量規制はその名称ほど難しい内容の規制ではありません。個人では年収の三分の一以上になる金額を借りることができない、という極めてシンプルな規定です。法人での利用や個人の事業用の資金として使う場合は総量規制には含まれず、あくまで個人の一般的な借り入れにその制限はかかります。その審査に使われるのが、収入証明の書類ですね。

かつてキャッシングというものは今より問題の多いものでした。利用者の返済能力関係なくお金を貸し、強硬な態度で取り立てる、そういった違法な業者の存在が蔓延していたのです。膨大な借金とその利息に苦しみ、返しても返してもローンを減らすことができないという悪循環に陥る利用者も、けして少なくはありませんでした。消費者金融の借り入れが、手軽なことにより起こった悲劇です。

総量規制はそういった事態を防ぐために、キャッシング会社に対象の年収の三分の一以上になるお金を貸せないような仕組みを作りました。これが総量規制です。総量規制の本来の目的は利用者の借り入れの自由に枷をかけるものではなく、いわば利用者を重いローン負担から守るための仕組みだったわけです。

しかし年収の三分の一しかお金を借りられなくなってしまったことで、キャッシングが意味を成さない状況も増えてきました。お金を必要とする経緯自体では、年収の三分の一では少な過ぎて足しにならないという問題です。そのため総量規制の対象にならない銀行ローンや、その抜け道を狙った消費者金融をあえて利用する人もいます。総量規制対象外を売り文句に利用者を集めるキャッシング会社も、少なからず存在しています。

それから消費者金融でも総量規制の範囲に縛られない、おまとめローンというものを活用する人もいます。おまとめローンは多重債務に陥ってしまったときに、返済の口を一つにして利息や返済の手間の上での負担を和らげる手段で、ある程度の金額が借りられなければ意味が無いのでそのように設定されています。

今後の総量規制の課題は、いかに柔軟にその決まりを行使するかということでしょう。キャッシングはお金を作りたいときに手軽に調達できる手段であり、その本髄が侵されてはキャッシング会社のみならず、利用者の負担にもなります。

利用者が自分の返済能力を考えて、計画的に返済できるだけの金額だけを借り入れるようにすれば、総量規制が定められる必要もなくなります。一人一人がお金を借りるということの意味を考えて、消費者金融と向き合っていくことが大切なのです。


当サイトに掲載された記事・画像の無断転載を禁じます。